こどもの歯がう蝕(虫歯)になるのは仕方がない、と諦めていませんか?

こどものう蝕は予防できます。では、う蝕はどのようにして起こるの
でしょうか?

虫歯菌(ミュータンス菌)は、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には
存在していません。もちろん歯も生えていませんよね。(乳歯が初めて
生えるのは、下の前歯で約6~8ヶ月くらいです。)お口の中に虫歯菌が
存在しない限り、虫歯にはなりません。

こどものお口の中に虫歯菌がどのようにして入ってくるかというと、それは離乳食の時期、親が口の中で食べ物をほぐしてから子供にスプーンで
食べさせ、こどもの口の中に食べ物とともに虫歯菌が定着してしまうと
言われています。(親にむし歯が存在する場合です。)

ですから、親も虫歯のないきれいな口の中でなければ、虫歯をこどもに
移してしまう危険性があるということです。



佐賀の歯科治療、小児歯科治療はつかもと歯科へご相談ください。

つかもと歯科・小児歯科医院
TEL:0952-53-1593
FAX:0952-53-5549

う蝕予防について 【 小児のう蝕 】 佐賀 子供 予防
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です