奥歯のかみ合わせの溝にできるう蝕(虫歯)は、生え始めから1~2年以内に好発します。

なぜかというと生えて間もない歯は、まだ歯質が成熟しておらず虫歯菌に対する
抵抗が低いためです。そこで、咬合面の溝をうめる『シーラント(予防填塞』が有効です。

『シーラント』とは、奥歯の溝の中をフッ素を放出する樹脂でうめる治療法で溝に
プラーク(歯垢)が入り込み停滞し、う蝕になることを防ぐ目的に用います。



佐賀の歯科治療、小児歯科治療はつかもと歯科へご相談ください。

つかもと歯科・小児歯科医院
TEL:0952-53-1593
FAX:0952-53-5549

う蝕予防について 【 生えたての歯の有効なむし歯予報手段 – シーラント 】 佐賀 予防
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です