乳児期(0~3歳)

乳歯列が完成します。佐賀県における3才児1人平均むし歯数は、2.13本
(平成16年データー)です。

歯が生える前の赤ちゃんの口の中には、むし歯菌は存在しません。その後、歯の萌出に伴い母親からのスプーンでの口移しなどから、むし歯菌が
赤ちゃんの口腔内に定着するのが むし歯の始まりと言われています。

むし歯菌が存在し、糖分を取り、それが歯面に付着し、時間の経過とともに歯面が脱灰され、むし歯となります。乳幼児の口の中にむし歯菌が入るのを できるだけ避けてあげることが大切とも言えます。

この時期は、治療というより、家庭での仕上げ磨きと
歯科医院での歯科衛生士による歯磨き指導、
定期的なチェック、歯質強化が重要です。

歯質強化には、歯科医院でのフッ化物歯面塗布と家庭での
フッ素入り歯磨剤の使用が有効です。



佐賀の歯科治療、小児歯科治療はつかもと歯科へご相談ください。

つかもと歯科・小児歯科医院
TEL:0952-53-1593
FAX:0952-53-5549

小児歯科 【 乳児期 (0-3歳) 】 佐賀 歯科治療 小児歯科
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です