食べる楽しみいつまでも!

高齢になっても自分の歯でしっかり噛んで、
何でも食べられる喜びは何事にも変えがたいもので、理想です。

80 歳になっても 20 本の歯を保とうと目標を掲げて

「 8020運動 (ハチマル・ニイマル)」は、
日本歯科医師会が提唱している運動です。
少なくとも 20 本の歯が存在すれば、
食生活に大きな支障がないという意味での 8020 です。

長寿国日本の平均寿命は、女性 86.05 歳、
男性 79.29 歳(平成 20 年調べ)です。

しかし、残念ながら歯の寿命は、まだそこまで到達していないのが現状です。

そこで、8020を到達するために佐賀県と佐賀県歯科医師会は、
2000 年に 10 年後( 2010 年)の目標を設定し、
県をあげての歯科保健事業に取り組んでいます。

・3歳児における虫歯のあるこどもを半減させる。
【2000年現状】 60.6 %(罹患率)
【2010年目標値】30 %

・50歳における進行した歯周炎に罹患している 者の割合を減少させる。
【2000年現状】 45 %
【2010年目標値】30 %

・80歳における20歯以上の自分の歯を有する 者の割合を増加させる。  【2000年現状】 25.6 %
【2010年目標値】30 %2

すべての人が口腔の健康を維持し、
食を楽しみながら「 8020 」を達成することにより
将来にわたる豊かな生活の確保を目指したいものです。

歯科医師、歯科衛生士による定期的なチェックと予防指導を受けて、
歯と口の 健康を維持しましょう。

佐賀の歯科治療、小児歯科治療はつかもと歯科へご相談ください。

つかもと歯科・小児歯科医院
TEL:0952-53-1593
FAX:0952-53-5549

歯と口の健康 佐賀 8020運動 
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です