人と衝突した、転んだ、殴打された、交通事故にあった、スポーツで前歯をぶつけたなどにより、歯の 脱臼(グラグラ)、破折、埋入(うまりこむこと)、歯槽骨骨折などがおこることがあります。
中でも多いのが、幼児期から学童期にかけて 前歯の外傷と口唇の裂傷 です。

下記に該当する場合は、出来るだけ早く歯科医院を受診してください。
歯の外傷は、処置するまでの時間が治癒に大きく影響を及ぼします。

・ 歯がぐらぐらしている

・ 歯が折れた
– 折れた歯をそのまま接着することができる場合があります。 持ってきてください。

・ 歯が抜け落ちた
– 水か牛乳につけて直ちに受診しましょう(抜けた歯は乾燥に弱いので浸潤した状態で持ってくることが大切です) 再植することができる場合がほとんどですので、できれば脱落して 30 分以内 に処置することが望ましいです。

前歯の外傷に伴い、口唇の裂傷により出血したり腫れたりします。
口周囲は特に出血が多い場所です。あわてずに清潔なガーゼ等でおさえて
早急に受診してください。

外傷は突然のことですので、かかりつけの歯科医院をもっておくと安心ですね。
また、休日や夜間の外傷は、休日歯科診療所や大学病院歯科口腔外科へ
連絡し、連れて行ってください。



佐賀の歯科治療、小児歯科治療はつかもと歯科へご相談ください。

つかもと歯科・小児歯科医院
TEL:0952-53-1593
FAX:0952-53-5549

歯の外傷 佐賀 歯科治療
Tagged on:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です