おはようございます。冷たい雨の朝です。

「倍返し」を生んだテレビドラマ「半沢直樹」の原作者、池井戸潤さんの直木賞受賞作『下町ロケット』のなかの仕事について語る場面がある。「仕事は二階建ての家みたいなもの。一階部分は飯を食うため、すなわち、必要な金を稼ぎ生活していくために働く。しかし、それだけでは窮屈である。だから、仕事には夢がなければならない。これが二階部分である。」

先日、ある新聞のコラム欄に掲載されていました。なるほど確かに私たちの仕事にも使命があり、夢がある。来年も夢に向かって邁進していきたい。

仕事は2階建て つかもと歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です