おはようございます。
昨日は骨幅が狭く埋入方向が限定される厳しいインプラント手術でした。術前にCTで埋入位置と方向を十分に確認しシュミレーションをしていましたが、さらに確実で最適な埋入を行うため術中にもCTでチェックし、確証を持って行いました。上顎1番の隣の埋入で審美性が要求されるため、幅の狭さに加え位置・方向が限定されること、また骨幅・垂直骨量ともに乏しい臼歯部での埋入では、前歯部との平行性をも要求されること、などが厳しい点でしたが、術中CT診断の威力を十分に発揮でき、シュミレーション通りの埋入ができました。今日の術後確認では、患者さんに画像を見てもらいながら昨日を振り返り説明をしたい。

昨日の手術 つかもと歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です