おはようございます。
新人歯科衛生士への今朝の講義は、デンタルX線写真の重要性についてです。3次元CTを導入し診断能力が格段にアップしたといっても、個々の歯の詳細な情報(齲蝕の診断、歯根膜、歯槽硬線、骨梁の状態など)はデンタルX線写真にはかなわないと思います。また、デンタルX線システムのみがまだアナログですが、それなりの理由があります。フィルムの位置づけ、現像処理、保管など理由づけをしながらしっかり話をしたいと思います。
当院隣の桜は、葉桜になりましたがまだ少し残っています。これも風情です。 Exif_JPEG_PICTURE

デンタルX線写真 つかもと歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です