おはようございます。

昨夜は、当院で取り組んでいる顎顔面咬合育成治療(バイオブロック療法)について、勤務医とともに学習しました。治療方法を学ぶことは大切ですが、それよりもその治療法が生まれた背景や概念、いわゆる哲学のようなものを理解することがもっと重要であるとこを、強調しました。当院へ勤務当初からこの治療法には興味を示してくれていましたが、さらに勉強意欲が出たようです。臨床医として、あらゆる分野を広く習得する必要がありますが、その中で何か没頭でき継続したテーマになる分野を見出せれば、臨床がさらに楽しくやりがいのあるものになるでしょう。

臨床医として つかもと歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA