おはようございます。

昨日、白鵬関が大相撲初場所千秋楽で勝ち、史上最多となる33度目の優勝を全勝で飾った。インタビューや記事から、白鵬関の真摯に相撲道に取り組む姿勢が垣間見える。
これまでの最多優勝記録を持っていた「昭和の大横綱」大鵬関は、21歳3か月の若さで横綱になり天才と称されたが、「人の何倍も稽古したからだ」と語っていたそうだ。

「真摯に取り組む」「人の何倍も練習する」 ことは、私たち歯科医療従事者にとっても、最も必要なことだと思います。Exif_JPEG_PICTURE

最多優勝 つかもと歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です