おはようございます。

今月行われる東京マラソンで、警察官が参加者と一緒にコースを走りながら警戒警備に当たる 「ランニングポリス」 なる試みが採り入れられるようだ。
その中には箱根駅伝などの出場経験者も含まれているという。
当マラソンは3万人を超える最大級の大会なので、特に大会運営側や参加者の安心・安全につながる成果を期待したい。
今後各地のマラソンにも導入されるかもしれない。

「ランニングポリス」 つかもと歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です