デジタルX線・CT診断装置
デジタルX線・CT診断装置
デジタルX線・CT診断装置<Trophypan Pro>は従来のレントゲンやCTスキャナと比べ、被ばく線量を大幅に削減しながら短時間の撮影で精密な画像データを得ることが出来ます。
(医科用胸部X線の約 1/5、従来の歯科用CTの約 1/3の線量)3D 画像の撮影時間は12~25 秒ですが、パルス照射方式により実行照射時間が少なく抑えられます。
1回の撮影で全顎を撮影できます。
デンタル撮影:4μSv
パノラマ撮影での実効線量:10μSv
数本の歯のCT(5×5サイズ):36μSv最短12秒の高速撮影で正確な画像を得られるので長時間同じ姿勢の維持が難しい小児や、高齢の方にも負担が軽減します。

デジタル画像診断システム
デジタル画像診断システム

X線・CTのデータを基に様々な診断に活用できます。

・インプラントの術前後に精密な診査・診断
・歯列矯正、顎顔面骨折など、広範囲の診断
・顎関節症などで、両側の顎の同時撮影と診断
・歯周病など、全顎や扁顎の診断
・歯内療法、埋伏智歯の抜歯など数本の歯の診断

近隣の医療機関の先生方へ
当院ではCT撮影を承ります。
データはビューワーソフトをお付
してDICOMで提供いたします。
撮影モードは、
17×13.5、17×11、10×10、
17×6(TMJ×2)、10×5、
8×8(TMJ×1)8×8、5×5
(単位cm)の8 種類です。
各診療内容から求められる
撮影領域を、最小限のX線
照射量でサポートします。

 

新型CT を導入いたしました。 デジタルX線・CT診断装置<Trophypan Pro>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です