おはようございます。雨の朝です。

2012年度の県内12歳児の平均う蝕歯数は0.80本で、全国4位となった。保育所・幼稚園、さらに小学校での「フッ化物洗口」が普及、定着した効果が大きいと言える。小学校での「フッ化物洗口」実施率は本年より100%(全校で実施)となる見通しでさらなるう蝕減少に向けて関係機関とともに尽力したい。

12歳児虫歯本数全国4位 つかもと歯科医院

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です