乳歯 赤ちゃん 虫歯の原因について

赤ちゃんは生まれたばかりのときは歯がありません。赤ちゃんの口の中というのは生まれてからそれからだいたい半年8ヶ月くらいまでは、前歯が将来生えてくるところは上下の間に隙間があります。奥歯が生えてくるところは隙間がありません。
生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には虫歯の原因であるミュータンス菌はありません。
生後19ヶ月から31ヶ月くらいまでの乳歯が生え揃う間にお口の中に虫歯の原因菌が増えると言われています。

それは大人から伝染ることがげ原因とされていますが、注意しながらも、愛情いっぱいに育ててあげましょう

日本歯科大学 隅田百登子先生 歯科医師会8020TVより


赤ちゃんの口の中 佐賀 小児歯科 子供歯医者 赤ちゃんの虫歯 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA